書籍サポート情報   お問い合わせ       



材料設計計算工学 計算組織学編 増補新版






在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
学部で習得した材料学の基礎知識をもとにコンピュータの力を借りて材料設計に取り組む学生,研究者,技術者への入門書として2011年7月に「材料設計計算工学 計算組織学編」を刊行しそれから約8年が過ぎた.この間のマテリアルズ・インフォマティクスの台頭を踏まえ,本増補新版では第8章に計算組織学と機械学習の関連性に関する節を追加した.さらに付録にはPythonを用いたプログラムの解説,ハイエントロピー合金が世界的に注目されるなか,多成分系の拡散に関する理論なども加え,充実した増補となっている.姉妹書「材料設計計算工学 計算熱力学編 増補新版」とともに,計算による実用材料設計への道を示す.

関連情報
著者ホームページ
材料学シリーズ:堂山昌男・小川恵一・北田正弘 監修
材料設計計算工学 計算組織学編 増補新版
フェーズフィールド法による組織形成解析
A5/188頁 定価(本体3200円+税) 978-4-7536-5940-1
小山敏幸(工学博士) 著
まえがき 著者略歴

目 次
第1章 フェーズフィールド法
秩序変数について/全自由エネルギーの定式化/発展方程式/保存場と非保存場の発展方程式の物理的意味
第2章 多変数系の熱力学
熱力学関係式/変数の拡張/一般的な多変数系への熱力学の拡張
第3章 不均一場における自由エネルギー(1) ―勾配エネルギー―
濃度勾配エネルギー/平衡プロファイル形状と勾配エネルギー係数について/まとめ
第4章 不均一場における自由エネルギー(2) ―弾性歪エネルギー―
弾性歪エネルギーの定式化/エシェルビーサイクル/スピノーダル分解理論における弾性歪エネルギー/ハチャトリアンの弾性歪エネルギー評価/まとめ
第5章 エネルギー論と速度論の関係
拡散方程式と熱力学/非線形拡散方程式(カーン-ヒリアードの非線形拡散方程式)/まとめ
第6章 拡散相分離のシミュレーション
A-B二元系におけるα相の相分離の計算/Fe-Cr二元系におけるα(bcc)相の相分離の計算/まとめ
第7章 変位型変態のシミュレーション
計算手法/計算結果/まとめ
第8章 おわりに
組織形成のモデル化法としてのフェーズフィールド法/材料特性を最適化する組織形態の探索法としてのフェーズフィールド法/フェーズフィールド法とマルチスケールシミュレーション/計算組織学とデータサイエンスの連携/まとめ
付録A1 汎関数微分について
付録A2 エシェルビーサイクルについての詳細説明
付録A3 ランジュバン方程式からフィックの第一法則へ
付録A4 式(7-9)の導出
付録A5 多成分系における拡散理論
付録A6 データ同化と材料工学
付録A7 Javaによる非常に簡単な科学技術プログラミング
付録A8 Pythonによるフェーズフィールドシミュレーション


HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報