書籍サポート情報   お問い合わせ       



金属電子論 上


在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書は,金属電子論の理論的枠組みを整え,金属電子論が直接絡む物理現象や実験手法を解説.上巻は,電子論の基礎的な概念をできるだけ詳しく解説し,それを周期律表の代表的な金属や半導体元素に適用して,金属電子論の基礎を十分理解できるようになっている.
材料学シリーズ:堂山昌男・小川恵一・北田正弘 監修
金属電子論 上
A5/276頁 定価(本体3200円+税) 978-4-7536-5601-1
水谷宇一郎(工学博士) 著

目 次
第1章 金属電子論入門
この本で学ぶこと/金属電子論の歴史/本書の構成
第2章 自由電子模型
はしがき/エネルギー・バンドの概念/物質の結合形態/無限に広い自由空間の中の伝導電子/端のない有限な系の中の伝導電子/箱の中に閉じ込められた伝導電子/フェルミ球
第3章 有限温度における伝導電子
はしがき/フェルミ-ディラック分布関数/フェルミ-ディラック分布関数の性質/電子比熱/電子比熱の測定/常磁性磁化率/熱電子放射
第4章 結晶と格子振動
はしがき/周期構造と逆格子ベクトル/実空間と逆格子空間/格子振動/結晶の格子振動/格子波とフォノン/ボーズ-アインシュタイン分布関数/格子比熱/音響フォノンと光学フォノン/格子振動スペクトルとデバイ温度/逆格子空間における伝導電子系とフォノン系
第5章 周期ポテンシャル場の伝導電子
はしがき/cos型周期ポテンシャル/ブロッホの定理/クローニッヒ-ペニー模型/ほぼ自由な伝導電子模型/エネルギー・ギャップと回折現象/ブリルアン・ゾーン/bccおよびfcc格子のブリルアン・ゾーン/hcp格子のブリルアン・ゾーン/フェルミ面とブリルアン・ゾーン/拡張,還元および反復ゾーン
第6章 代表的な金属の電子構造
はしがき/周期律表の金属と半導体/アルカリ金属/貴金属/2価金属/3価金属/4価金属とグラファイト/5価の半金属/半導体
第7章 電子構造に関する実験とその原理
はしがき/ドハース-ファンアルフェン効果/陽電子消滅/コンプトン散乱効果/光電子分光法/軟X線分光法/光の反射および吸収スペクトル
第8章 電子構造の計算法
はしがき/1電子近似法/局所密度汎関数法/完全結晶におけるバンド理論/タイト・バインディング法/OPW法/擬ポテンシャル法/APW法/KKR法/LMTO法
第9章 合金の電子構造
はしがき/不純物効果/不純物による電子の散乱とリンデの法則/Cu-Au合金系の状態図とノルトハイムの法則/ヒューム-ロザリー則/ヒューム-ロザリー型電子化合物の電子構造/ヒューム-ロザリー型電子化合物の安定性/合金のバンド理論



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報