書籍サポート情報   お問い合わせ       



窒化ケイ素系セラミック新材料


在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
いわゆるエンジニアリングセラミックスの中でも最も過酷な条件下で,最も広範な分野に使用されている優秀かつ魅力的な材料である窒化ケイ素,および窒化ケイ素系セラミックスに関する基礎科学と最新の研究成果を集大成する.
窒化ケイ素系セラミック新材料
最近の展開
A5/504頁 定価(本体8000円+税) 978-4-7536-5198-6
日本学術振興会先進セラミックス第124委員会 編

編集幹事 松尾陽太郎/米屋勝利/多々見純一/菅原義之/矢野豊彦

編集委員・執筆者
安藤元英/飯尾 聡/幾原雄一/伊吹山正浩/岩佐美喜男/岩本雄二/上田恭太/植松敬三/右京良雄/浦島和浩/遠藤茂樹/大司達樹/大西宏司/兼松 渉/神谷秀博/北 英紀/高坂祥二/後藤 孝/五戸康広/米屋勝利/逆井基次/佐藤和好/茂垣康弘/柴田直哉/菅沼克昭/菅原義之/Stuart Hampshire/高山定和/多々見純一/田中 功/田中英彦/内藤牧男/西村聡之/平尾喜代司/広崎尚登/松尾陽太郎/松原 桂/松原秀彰/三友 護/宮嶋圭太/安永吉宏/矢野豊彦/山内幸彦/山田哲夫/山田直仁/横田 博/吉野信行/若井史博/渡利広司

目 次
1 開発の歴史
1.1 窒化ケイ素セラミックス材料開発の歴史
2 結晶構造
2.1 窒化ケイ素とサイアロン/2.2 金属ケイ素酸窒化物と金属ケイ素窒化物/2.3 第一原理計算に基づいた窒化ケイ素および関連非酸化物
3 状 態 図
3.1 状態図/3.2 サイアロンガラス
4 合  成
4.1 直接窒化法/4.2 イミド分解法/4.3 還元窒化法/4.4 CVD法/4.5 有機-無機変換法
5 製造プロセス
5.1 製造プロセス概論/5.2 混合・分散/5.3 造粒/5.4 成形/5.5 焼結/5.6 接合/5.7 加工
6 微 構 造
6.1 微構造制御法/6.2 微構造観察方法/6.3 粒界構造解析
7 特  性
7.1 室温での機械的特性/7.2 高温での機械的特性/7.3 耐酸化性/7.4 熱的特性/7.5 蛍光体/7.6 放射線損傷
8 応  用
8.1 グロープラグ/8.2 切削工具/8.3 金属溶湯部材/8.4 ターボチャージャーロータ/8.5 ベアリング/8.6 半導体素子基板/8.7 窯用部材/8.8 蛍光体・白色LEDとその他の応用/8.9 粉砕機用部材/8.10 膜としての応用
付録:Si3N4の基本的性質
化学式・分子量/結晶学的データ/X線回折データ/熱力学データ/熱的性質/機械的性質/電気的性質/化学的性質/光学的性質



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報