書籍サポート情報   お問い合わせ       



実践陶磁器の科学


在庫は時期によりまして
変動することがございます
実践陶磁器の科学
焼き物の未来のために
A5/276頁 定価(本体5000円+税) 978-4-7536-5119-1
高嶋廣夫(工学博士) 著

目 次
1 陶磁器の技術史
陶磁器の技術史
2 陶磁器の原材料
粘土,蝋石,陶石/粘土の組織と形状/長石,珪石/石灰石,ドロマイト/陶磁器用原料の評価と使用法
3 素地の組成とその特性および評価
陶磁器産業の現状と体質/素地の組成とその役割/焼成による構造変化/電子顕微鏡による組織観察/素地組成と熱膨張/練土坏土の成形能/練土坏土の乾燥性状/坏土の配合と泥漿状態/坏土配合に賢さを/陶磁器原料の動向
4 釉の組成とその特性および評価
釉とは/Zachariasenの法則/釉のような珪酸塩ガラスのカチオンの分類/珪酸塩ガラスの構造/釉のような珪酸塩ガラスにおけるモディファイアーイオンの配位/釉に用いられる珪酸塩ガラス以外にガラス構造となるもの/釉の分類/釉の構造と組織/透明釉/結晶性釉/陶磁器の装飾技法/鉛,カドミウムなどの溶出による食品公害問題の対処指針
5 素地と釉の適合性
素地の組成および焼成条件による熱膨張の変化/釉の熱膨張とその加成性/加成性式適用例/貫入の発生と防止/シバリングの発生と防止
6 生活用品としての陶磁器
食器,テーブルウェア/ノベルティ
7 陶  芸
土物/陶器,せっ器/陶芸によく用いられる釉/陶芸としての磁器/陶芸と素材,その活かし方
8 工業用品としての陶磁器
碍子の製造技術/タイルの製造技術/耐熱衝撃性陶磁器/高強度陶磁器/遠赤外線放射陶磁器/ファインセラミックス



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報