書籍サポート情報   お問い合わせ       



液晶の物理


在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書は連続体理論を用いて液晶の物理を展開.学部程度の物理学と,液晶の専門書とのギャップを埋め,その橋渡しをすることを主な目標とする.そのため学部程度の力学,熱力学,電磁気学の基礎知識で読みこなせるよう執筆されている.
材料学シリーズ:堂山昌男・小川恵一・北田正弘 監修
液晶の物理
A5/264頁 定価(本体3600円+税) 978-4-7536-5622-6
折原 宏(工学博士) 著

目 次
第1章 液晶相
対称性による物質の分類/ネマチック相とコレステリック相/スメクチック相/その他の液晶相
第2章 ネマチック液晶の弾性理論
秩序パラメーターと配向ベクトル/テンソル秩序パラメーターと磁化率/等方相-ネマチック相転移の現象論/フランクの弾性自由エネルギー/テンソル秩序パラメーターによる自由エネルギー密度の展開
第3章 弾性理論の応用
電場,磁場との相互作用/半無限領域に存在するネマチック液晶に対する磁場の効果/フレデリクス転移/弱いアンカリングにおけるフレデリクス転移/ネマチック液晶の欠陥/転傾のエネルギー的考察/転傾間の相互作用/ネマチック液晶の配向ゆらぎ/ネマチック液晶の光散乱
第4章 ネマチック液晶の流体力学
等方性液体の流体力学/分子場とエリクセンの応力/エリクセン-レスリーの理論/ミーソビッツの粘性係数/フレデリクス転移の動力学/回転磁場中の液晶/配向ゆらぎのダイナミクス/動的光散乱
第5章 液晶の光学的性質
ネマチック液晶中の光の伝播/偏光と旋光性/コレステリック液晶の光学1/コレステリック液晶の光学2/TN型液晶ディスプレイ
第6章 スメクチック液晶の弾性理論と相転移
スメクチックA相の弾性理論/ヘルフリッヒ変形/ランダウ-パイエルス不安定性/スメクチックA相の欠陥/スメクチックC相/キラルスメクチックC相
付  録
スカラー,ベクトル,テンソル,縮約,固有値,固有ベクトル,主軸/フランクの弾性自由エネルギー密度/電場との相互作用/オイラー-ラグランジュ方程式と未定乗数法/汎関数微分/緩和過程の時間相関関数



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報