書籍サポート情報   お問い合わせ       



金属の相変態


在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書は相変態の取り扱いについてその初歩から現代の研究レベルまで,系統的に展開したものである.相平衡状態,化学ポテンシャル,非平衡状態から相平衡状態へ近づく過程を中心に扱っている.相変態の取り扱いは実用金属材料に近づくほど見通しが悪くなり,複雑となるが,本書は実用金属材料の組織と定量的につながる形で相変態を論じていることに特徴がある.(―「金属の相変態」によせて―より)
材料学シリーズ:堂山昌男・小川恵一・北田正弘 監修
金属の相変態
材料組織の科学入門
A5/304頁 定価(本体3800円+税) 978-4-7536-5613-4
榎本正人(Ph.D.) 著

目 次
1. 序  論
相変態研究の歴史/金属のミクロ組織/相変態の分類
2. 自由エネルギーと相平衡
熱力学関数と平衡条件/固体の比熱/自由エネルギーの温度と圧力に対する変化/化学ポテンシャルと部分モル量/置換型固溶体の自由エネルギー/侵入型固溶体の自由エネルギー/非ランダム分布を考慮した固溶体の熱力学モデル/自由エネルギーダイアグラム/相平衡に及ぼす界面張力の効果
3. 変態核の生成
核生成速度の式/潜伏時間/核生成の駆動力/臨界核の形/カーン-ヒリアドの核生成理論/核の歪エネルギー/結晶粒界における核生成/転位上の核生成/実験との比較
4. 拡散変態界面の移動
フィックの法則と拡散係数/拡散の原子機構/界面における流束釣合いの条件と局所平衡/2元合金における拡散律速成長/2元合金における析出物の溶解/プレート析出物の成長/コレクタープレートメカニズム/ソリュートドラッグ効果
5. 3成分系における拡散律速成長と溶解
流束釣合いの式と局所平衡/界面組成線と界面速度線/分配モードと不分配モード/パラ平衡による成長/合金炭化物の成長と溶解
6. 異相界面の構造とエネルギー
整合界面のエネルギー/半整合界面の構造とエネルギー/非整合界面/遷移相/レッジによる析出物の成長
7. マッシブ変態
マッシブ変態の特徴/界面の易動度/マッシブ変態の駆動力/実験との比較/コルモゴロフ-ジョンソン-メール-アブラミの変態速度式/タイムコーン法
8. セル状析出と共析変態
セルの形成/セルの成長/パーライトの生成挙動/パーライト変態の律速過程と層間隔/パーライトの成長に対する合金元素の効果
9. マルテンサイトとベイナイト
マルテンサイト変態の結晶学的特徴/マルテンサイトの変態温度と生成挙動/マルテンサイト変態の核発生/ベイナイト組織と変態挙動/ベイナイト変態のメカニズム
付  録
化学ポテンシャルのローゼボームの式/ガウスの誤差関数/3成分系の連立拡散方程式の一般解/鉄合金の拡散係数



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報