書籍サポート情報   お問い合わせ       



研究室のDo It Yourself


在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書のテーマは,道具を手づくりして実験する,実験用・研究用の道具を自分で作る,である.研究装置は構造が複雑で高価である.全国には多くの大学があり多くの研究室があるが,国の学術研究の総予算では,研究室のなかには満足できる研究設備が揃っていない研究室もある.そのなかで限られた,あるいは少ない研究費から自分の望む実験や研究につなげる書である.
研究室のDo It Yourself
手づくり実験のすすめ
A5/336頁 定価(本体2800円+税) 978-4-7536-5407-9
加藤誠軌(工学博士) 著

目 次
1. 基礎編 人はなぜ道具をつくるのか
人間は道具をつくる猿である/道具とは何か/優れた道具の条件/技術革新が社会を変える/発明・発見は夢から生まれる/誰でも可能な大発明/日本列島の住人たち/日本語の形成過程/働くことの価値観/日本人の手仕事/考えてもわからない/すばらしい実験科学者たち/道具を自作する理由
2. 技能編 道具をつくる技術
基礎となる知識と技能/知識と技能の修得/道具を整備して活用する/新しい道具を企画する/材料の知識/部材と部品の知識/企画した道具を設計する/部材を加工する/道具を組み立てる/道具を修理し改良する
3. 応用編 作品の紹介
学生時代の作品/X線回折装置/結晶模型/電気炉/試料調製の道具/雰囲気の制御装置/熱分析・熱測定装置/単結晶の育成と解析装置/その他の装置/射出成形用ランナーレスノズル



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報