書籍サポート情報   お問い合わせ       



入門 無機材料の特性






在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書は固体材料における格子点の原子・イオンの振る舞いに起因する特性を扱う.無機材料のもつ特性同士の相関を表し,具体的結果を示した.特性推測の精度の鍵となる関係,数表もまとめた.任意の材料の一つの特性から,他の材料の任意の特性を推論する手掛かりが得られるよう執筆されている.無機材料の特性を全体的に把握するに有益の書.
入門 無機材料の特性
機械的特性・熱的特性・イオン移動的特性
A5/224頁 定価(本体3800円+税) 978-4-7536-5321-8
上垣外修己(理学博士)/佐々木 厳(博士(工学)) 著
まえがき 著者略歴

目 次
1 緒言

2 特性全般に関わる基本的事項
2・1 固体無機材料の物質的範囲
2・2 元素とイオン・原子価・電気陰性度
 2・2・1 元素のイオン性・共有結合性・電気陰性度
2・3 単純化合物・複化合物
 2・3・1 複化合物の組成の大要
2・4 イオン結合性,共有結合性の度合の上限,両結合性の特徴
2・5 イオン価数,イオン半径,共有結合半径
2・6 結晶性,非晶質性,格子定数,最短結合距離,変態
2・7 金属材料と比較した無機材料の特徴
2・8 化合物の結合エネルギー Um
2・9 現実に利用されている諸種の無機材料と主な用途
2・10 無機材料を理解するうえで重要な定律
第2章 参考文献

3 無機化合物の体積とその特徴
3・1 無機化合物の式量体積 Vm
 3・1・1 式量体積の決定法(比重の測定法)
 3・1・2 種々の単純化合物の式量体積,原子平均結合体積q
 3・1・3 ハロゲン塩・水酸化物についての注意
3・2 qが示唆する材料特性
3・3 複化合物の式量体積とヤング率,イオン移動性
3・4 組成変化に伴う材料の体積変化
第3章 参考文献

4 機械的特性
4・1 ヤング率
 4・1・1 ヤング率とは
 4・1・2 ヤング率の測定法
 4・1・3 材料の固有な特性によるヤング率の表現
 4・1・4 複化合物のヤング率
 4・1・5 ヤング率の上限
 4・1・6 ヤング率の簡易推定式
 4・1・7 ヤング率に関する一般的な法則
4・2 ポアソン比
4・3 材料の破壊
 4・3・1 破壊強度 σb,理想破壊強度 σth
 4・3・2 破壊強度の測定法
 4・3・3 亀裂を起点とする材料の破壊
 4・3・4 気孔と破壊強度
 4・3・5 圧縮破壊強度,引張破壊強度,剪断破壊強度
 4・3・6 破壊応力の温度依存性
4・4 亀裂の緩慢な伸張(SCG)
 4・4・1 破壊のモード KI
 4・4・2 破壊靭性値
4・5 表面張力 γt,界面張力 γi
 4・5・1 表面張力の測定法
 4・5・2 表面張力の表現
 4・5・3 γtKouの取り得る値の範囲
 4・5・4 理想強度 σth,理想破断歪み εthと表面張力
 4・5・5 ヤング率の粒子径依存性
 4・5・6 界面張力 γi
 4・5・7 表面,界面の消失(粒子成長,焼結)
 4・5・8 破壊強度 σbKIc
4・6 特殊環境下(強電界・強磁界・酸化還元)での破壊
 4・6・1 強電磁界・強磁界での破壊
 4・6・2 原子価変動環境での破壊
 4・6・3 熱衝撃下での破壊
4・7 硬度
第4章 参考文献

5 熱的特性
5・1 熱容量
 5・1・1 熱容量の測定法
 5・1・2 CpCvの関係
 5・1・3 高温での熱容量
 5・1・4 低温での熱容量
5・2 熱伝導率
 5・2・1 熱伝導率の測定法
 5・2・2 熱伝導における三つの過程
 5・2・3 熱伝導率の温度変化
5・3 熱膨張率
 5・3・1 熱膨張率の測定法
 5・3・2 材料の特性値からの熱膨張率の計算
 5・3・3 熱衝撃抵抗値
 5・3・4 “単位熱応力”αE
5・4 融解現象・融点
 5・4・1 融解,融点 Tm
 5・4・2 TmEの関係
 5・4・3 αTm
 5・4・4 耐熱材料の選択
5・5 無機化合物の特性相関
第5章 参考文献

6 イオン移動
6・1 イオン移動を考察するための基本概念
6・2 イオン伝導体の分類
 6・2・1 移動メカニズムによる分類
 6・2・2 移動イオンによる分類
6・3 電界中でのイオンの移動
6・4 イオン移動を利用したデバイス
 6・4・1 酸素ポンプ
 6・4・2 酸素センサー(濃淡電池)
6・5 イオン吸蔵放出材料
 6・5・1 排気浄化触媒用の酸素吸放出材料
 6・5・2 二次電池
第6章 参考文献

7 標準外れの材料
7・1 (超)塑性変形する材料
7・2 超強靭性材料:PSZ,TZP(ZrO2系材料)
 7・2・1 PSZ
 7・2・2 TZP
 7・2・3 DZC
7・3 負の熱膨張を示す材料
 7・3・1 MAS
 7・3・2 LAS, β-Quartz
 7・3・3 AT
第7章 参考文献



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報