書籍サポート情報   お問い合わせ       



サヴェジ・システム試論






在庫は時期によりまして
変動することがございます

書籍情報
本書は,サヴェジの統計的決定理論の公理化について解説し,そのシステムの「なかみ」を伝える.そして経済行動や統計学への規範的接近を学び,触れる.
サヴェジ・システム試論
統計的決定理論の公理化と期待効用の最大化
A5/76頁 定価(本体1500円+税) 978-4-7536-0122-6
園 信太郎(理学博士) 著

目 次
第1章 サヴェジ・システム
1. 規範的接近に関するある注意
2. 理文の二分法のある問題点
3. 想像上の実験
4. 事物論理
5. 「できごと」の一回性
6. 「おこない」の一回性
7. 「えらぶ」ということと無差別性
8. 利と得
9. 分裂排除の原則
10. 循環排除の原則
11. 「むくい」としての結果
12. 「むくい」たちと「えらび」
13. 「こころざし」の重要性
14. 「この」世界
15. 「むくい」の単離
16. 関数としての行為
17. 選好の導入と価値判断の先行
18. 条件つき選好の前提
19. 選好の双対など
20. 結果間選好の前提
21. 許容可能性の原理
22. 信念の程度
23. 個人的確率の定義とその前提
24. 個人的確率の性質
25. 「潜在的な定量化」と量化原理
26. 定性的確率,等分割補題,従属選択の原理
27. 条件つき確率
28. 確率算の三法則の確認
29. 無縁性への注意
30. Formalismへの用心
31. 同値原理
32. 行為類
33. 行為の量化原理
34. 不変性,単調性,評価の原理
35. 効用の定義
36. 汎効用
37. 数学的期待値とSt. Petersburg paradox
38. 正則性の要請
39. St. Petersburg paradoxの消去
40. 期待効用の拡張とその最大化
41. 条件つき期待効用

第2章 補遺―文献など―
1. 緑本(みどりぼん)
2. サヴェジ基礎論
3. ある効用関数
4. なぜ決定にこだわるのか
5. 未知固定状態
6. φの「よみ」について
7. その他



HOME新刊・近刊案内書籍検索購入案内会社案内お問い合わせ書籍サポート情報